SponsoredLink

ジェネリックを扱っている病院はどこ?

「ジェネリック医薬品にすることって出来ますか?」とお医者さんに言って、ちょっと嫌な顔をされた…という話を小耳に挟みました。

もしそんな目に遭ったら、いくら安いお薬であるジェネリックにしたいと思っていても、次からは「ジェネリックで」とは言い出せませんよね。

ならば、積極的にジェネリック医薬品を取り入れている病院に行けばいい!ということで、オススメしたいのが、日本ジェネリック医薬品学会の情報サイト「かんじゃさんの薬箱」です。

ここでは、ジェネリックを積極的に取り入れている病院を検索することが出来ます。

もちろん、ジェネリック医薬品に関する知識やジェネリック医薬品の検索など、ジェネリックに関するあらゆる情報を調べることが出来ます。

ジェネリック医薬品のCMも増えたことで、ジェネリックは安い薬だという認識は高まったようですが、ジェネリック医薬品が何なのか、何故安いのか?まで理解している人は少ないようです。

自分の体に使うお薬ですもの、是非ジェネリック医薬品について学んでみてはどうでしょう?

ジェネリック医薬品を知ることで、安心して安価にジェネリック医薬品を利用できるようになるのではないでしょうか?

日本ジェネリック医薬品学会の「かんじゃさんの薬箱」、一度は見てみる価値、大アリですよ!

ジェネリックの未来は…

ジェネリック医薬品や、ジェネリック医薬品企業のCMが増えたこともあり、ジェネリックの認知度はここ数年で格段に上がったように思います。

今ではジェネリックという言葉を知らない人よりも知っている人のほうが、はるかに多いのではないでしょうか。

しかし、ジェネリックの認知度は上がったとはいえ、ジェネリックの普及率となるとまだまだなのが現状のようです。

アメリカなんかでは、薬の約半分はジェネリック医薬品が使用されていますが、日本でのジェネリックの普及率は薬全体の約10%程度なのだとか。

普通の医薬品に比べ、かなり安価なジェネリック医薬品。

薬を使う患者としては、いつもの薬をジェネリック医薬品にすることができれば、安く薬を手にできるというメリットがあるし、社会全体にしても医療費削減につながるというメリットがあります。

メリットだらけのように思えるジェネリック医薬品…

なのに何故こんなにも、日本ではジェネリックの普及率が低いのでしょう?

やっぱりジェネリック医薬品に対する何かしらの不安が、患者にしてもお医者さんにしてもあるのかもしれませんね〜…。


さて、ジェネリック医薬品の未来はどうなっていくのか?!

病院にお世話になったときの「ジェネリックに出来ますか?」という貴方の一言が、ジェネリックの未来を変えていくのかもしれません。

ジェネリック医薬品はどんな病気に使えるの?

ジェネリック医薬品を使っているという人、どれ位いるんでしょうか?

ジェネリック医薬品メーカーも増え、ジェネリック医薬品のCMを目にすることも増えたとはいえ、実際にジェネリックを利用しているという患者さんはまだまだ少ないのが現状なのではないでしょうか。


すべての薬にジェネリック医薬品があるわけではないとはいえ、実はジェネリック医薬品はかなりの種類があります。

ジェネリック医薬品メーカーとして知られている沢井製薬だけでも、400種類以上のジェネリック医薬品があるんですよ。


例えば、高血圧や糖尿病といった生活習慣病。

長期的に薬を必要とするため、医療費はバカになりませんよね。

でも、高血圧や糖尿病のお薬は、ジェネリック医薬品があるんです。

ジェネリックにすれば、かなり医療費は軽減されることは間違いありません。

また、抗生物質や抗アレルギー剤にも、ジェネリック医薬品があります。

ちょっとした病気で抗生物質を処方されることってありますよね?

そんなとき、「ジェネリックにできますか?」と一言聞いてみるだけで、薬代を抑えることができるかもしれません。


ジェネリックは安い薬だという認識は高まったものの、どういう病気にジェネリックが利用できるかが、あまり周知されていない気がします。

まずは病気になったとき、自分の薬がジェネリックにできるのかどうか、自分で気にしてみることが大切なのかもしれませんね。

ジェネリックで、医療費を軽減しよう!

ジェネリック医薬品…それが何なのかは知っていても、利用しているという人はまだまだ日本ではかなり少ないと思われます。

なんせ、日本でのジェネリック普及率はほんの10〜20%程度なのだとか。

海外に比べると、日本のジェネリック普及率は全然なんです。

ジェネリック医薬品を利用すれば、先発医薬品と同等の成分でありながら安く薬を手に入れることが出来ます。

同等の成分、つまりほぼ同等の効果が得られて値段は安いとなれば、ジェネリック医薬品を利用しない手はありませんよね。


特に、長期通院が必要な病気や入院で使用する薬をジェネリックにすることができたら、全体的な医療費はかなり軽減されます。

もちろん、すべての薬にジェネリック医薬品があるわけではないのですが、ジェネリック医薬品はかなり多くの種類が発売されているんです。

例えば、高血圧のお薬や利尿剤、リウマチや通風、循環器系の治療薬など、いろいろとジェネリック医薬品はあります。

もし、長期的に何らかのお薬を使用されているのであれば、ご自身の薬がジェネリックにできるのかどうか、一度調べてみる価値はあると思いますよ。

ジェネリック医薬品で、少しでも医療費軽減を!

上手に病気とつきあっていくひとつの知恵なのではないでしょうか。

ジェネリックのメリット

ジェネリック…何のことだかわかりますよね?

ジェネリック、正しくはジェネリック医薬品ですが、これ、後発医薬品のことです。

最近では、ジェネリックメーカーのテレビCMなんかもよく目にするようになりましたし、ジェネリックという言葉が随分と浸透したように思えます。


さて、このジェネリック医薬品。随分とプッシュされている感がありますが(笑)、一体このジェネリックにはどんなメリットがあるのでしょうか。


まずジェネリックの一番大きなメリットとしては、安価であるという点ですね。

ただ安いというだけではなく、もちろん薬としての成分や効果は先発医薬品と同等。

「ジェネリック=安い薬」と理解している人も多いかもしれませんね。


安価がウリのジェネリックですから、患者としてもメリットは大きいですよね。

薬代が安価になれば、自己負担額は自然と少なくなる。

特に、糖尿病や高血圧など、長期的に薬を必要とする病気の方にとっては、ジェネリック医薬品は経済的に大きなメリットを与えてくれると言えます。


ではジェネリックは病気の人にしか関係がないのか?

というと、実はそうでもないんです。

ジェネリック医薬品が普及していった場合、全体的に薬代が安価になるわけですから、国の医療費自体が削減できるワケです。

社会的なメリットまでも、ジェネリックは持っていると言えるのです。


だからこそ、ジェネリックがこんなにもプッシュされているんでしょうね〜。

次に病院に行ったときは、是非ともお医者さんに「ジェネリックで」と言ってみたいものです!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。