SponsoredLink

ジェネリック医薬品はどんな病気に使えるの?

ジェネリック医薬品を使っているという人、どれ位いるんでしょうか?

ジェネリック医薬品メーカーも増え、ジェネリック医薬品のCMを目にすることも増えたとはいえ、実際にジェネリックを利用しているという患者さんはまだまだ少ないのが現状なのではないでしょうか。


すべての薬にジェネリック医薬品があるわけではないとはいえ、実はジェネリック医薬品はかなりの種類があります。

ジェネリック医薬品メーカーとして知られている沢井製薬だけでも、400種類以上のジェネリック医薬品があるんですよ。


例えば、高血圧や糖尿病といった生活習慣病。

長期的に薬を必要とするため、医療費はバカになりませんよね。

でも、高血圧や糖尿病のお薬は、ジェネリック医薬品があるんです。

ジェネリックにすれば、かなり医療費は軽減されることは間違いありません。

また、抗生物質や抗アレルギー剤にも、ジェネリック医薬品があります。

ちょっとした病気で抗生物質を処方されることってありますよね?

そんなとき、「ジェネリックにできますか?」と一言聞いてみるだけで、薬代を抑えることができるかもしれません。


ジェネリックは安い薬だという認識は高まったものの、どういう病気にジェネリックが利用できるかが、あまり周知されていない気がします。

まずは病気になったとき、自分の薬がジェネリックにできるのかどうか、自分で気にしてみることが大切なのかもしれませんね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120183201
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。